東京コーリー

BESSの小さなカントリーログハウス、コーリーにまつわる記録

家を建てると決めるまで

f:id:john_coley:20190210123836j:image

前々から、BESSで建てたいなぁ〜とは思っていたのです。

 

最初のきっかけは電車の中吊り広告。

直後には妻を誘って、代官山のBESSスクエアの展示場を見に行って、

一番心惹かれたのが、カントリーログハウスのクールテイストでした。

(多分クールテイストが出て割とすぐくらいだったのかな?)

 

その後もたまに展示場に足を運んでは想いを募らせるものの、

まだまだ現実のものとしては考えていませんでした。

 

やがて子供が生まれ、

妻の実家近くの郊外に引越しをして…

すっかりその街が気に入ってしまった僕たちでしたが、

その街では最初に入居した団地以外には、

あまり住む場所の選択肢は無さそうでした。

 

…というのも、その街は大規模開発された大型マンションばかりが建っていて、

開発ももう終わり、戸建て用の土地が出てくる余地がほとんど無さそうだったのです。

 

BESSの家を建てるためには、さらに山奥を探して眠っている土地を発掘するしかないのか…

そんな風に考えていた折、

BESS多摩展示場が新たにできるというニュースを知り、

土地の相談もするつもりで、多摩展示場に遊びに行ってみました。

 

「2,3年かけるつもりで、ゆっくり土地探ししましょう」

BESS多摩の担当の方がそう言ってくださって、

僕ものんびり探すつもりでポチポチと不動産サイトを覗いていたら…

数日で近所の土地が出てきました。

 

幹線道路沿いの畑を潰して区画整理し、

これから建売住宅を建てる土地…

工事が始まるまでの一瞬の間だけ、

建築条件なしの土地として売っていたのでした。

そんなことがあるのですね。

 

その土地は、山とゴルフ場に囲まれた場所で、

都心との距離を考えると珍しいくらいに緑に囲まれた環境だと言うことができました。

ログハウスにはぴったりの場所です。

ただ問題は、そういう環境だからか、土地の建ぺい率が30%だということ。

そう広くもない土地の70%を庭にしなくてはいけません。

実際に建てられるのはBESSのカントリーログハウスだとコーリーのみ。

一番小さなモデルです。果たして家族4人で暮らせる広さなんだろうか…

 

迷いに迷いましたが、売主からはもう工事を始めてしまうので、

あと10日以内に決めて欲しいとも言われ…

全部で9区画ある内のどの区画にするかも迷いましたが、

最終的に良いと思った区画でBESS多摩に問い合わせたところ、

金額的になんとか住宅ローンも通りそうとのこと。

 

住みたい街でカントリーログに合う環境が手に入るなら、 

これはコーリーで建てるしかない。間取りを工夫すれば、きっといける…!

そこから、家づくりに向けた怒涛の日々が始まるのでした。